社宅代行をすれば企業の手が空く|プロに委託する

  1. ホーム
  2. 病院で働く女性を応援する

病院で働く女性を応援する

子供と女性

特殊勤務に対応した保育

女性の社会進出はめざましいものがありますが、医療の現場では特にそれが顕著です。医師や検査技師などの専門技術者は性別に関係なく実力主義で雇用されますし、看護師に至っては伝統的に女性が活躍する職種です。こういった事情から、子育てをしながら病院等で働く女性は相当数に上ります。そこで、近年は病院内保育を導入する医療機関が増加しています。病院内保育とは、病院の建物内や敷地内に保育施設を整備し、そこで働く職員の子供を世話することをいいます。サービス内容は基本的に一般の保育園と変わりませんが、勤務体制の特殊性に対応し、24時間体制で子供を預かるという点に大きな特徴があります。また、緊急の事態によって勤務時間が伸びてしまったといったような事態にも、柔軟な対応が可能な運営形態をとっています。病院内保育の実施は、優秀な人材を確保するという点で大きなメリットがあります。現在、待機児童問題に象徴されるように保育施設の不足は慢性化していますが、病院内保育を実施している病院であれば、地域の保育園に子供を預けられない人であっても安心して働くことができます。これは、新規採用時における大きなアピールポイントになると同時に、出産を終えた職員の復職を容易にし、退職を抑制するのに役立ちます。時短勤務などの調整もしやすくなります。また、子供を預ける職員にとっても、病院内であれば何かあったらすぐに駆けつけられるという安心感が得られます。