社宅代行をすれば企業の手が空く|プロに委託する

男女

心の持ち方とワーク

仕事とモチベーションは結果に結びつく大事なファクターです。自分次第で未来は決まります。会社に依存するのではなく、みずから仕事を取りにいき成長出来るようにモチベーションコントロールのスキルを身につけましょう。

借り上げ社宅の管理を代行

スーツの人

物件契約から原状回復まで

企業が社員の福利厚生を充実させる目的で用意する社宅には、社有地に建築される専用の社宅に加えて賃貸住宅を会社で借り上げて提供する場合の2種類があります。いずれの社宅も提供する企業の側にさまざまな管理業務が求められますが、特に借り上げ社宅は賃貸住宅の物件契約や更新・解約など煩雑な管理を強いられるものです。不動産に関する専門知識を持たず管理業務に専念できる人材にも乏しい企業では、社宅代行サービスを利用してそうした管理業務をアウトソーシングしています。社宅代行サービスを選定する際には何よりも利用料金が重視されますが、料金とサービス内容のバランスも考慮すべきポイントです。社宅代行サービスは賃貸住宅の新規契約や解約手続きを代行するだけでなく、入居者トラブルへの対応や管理会社に対する窓口対応業務まで含まれます。それらは本来であれば企業の側で対応すべき業務ですが、社宅代行サービスを利用することで煩わされることがなくなるのです。そうした問題に対してどの範囲までカバーしてくれるのかというサービス内容を事前に比較することは、料金以上に重要な選定ポイントとなります。社宅代行サービスは家賃更新交渉や解約時の原状回復までカバーしている例が多く、長期的視点に基づいたサービス内容の比較が欠かせません。新規契約時に優良な賃貸物件を確保できる社宅代行サービスが有利な点には変わりありませんが、家賃更新時の交渉次第では条件が変わってくることも考えられます。原状回復費用なども社宅代行会社の交渉力に左右される要素ですので、トータルに費やす社宅関連コストは利用料金だけでは決まらないのです。以上のような点も考慮しながら最適な社宅代行サービスを選定すれば、低コストで社員の福利厚生を充実させられます。社宅を建てるだけの社有地を持たない企業でも賃貸住宅を有効活用することで、社員の離職率を下げることは十分に可能なのです。

複数の人

調査とその方法

企業に対する従業員の満足度を調べる調査がES調査であり、調査により従業員の意識を確認できる。調査は一般的にはアンケート実施で行われ、その結果からどのような対策を行うべきかを把握し、実行することがES調査の目的になる。

子供と女性

病院で働く女性を応援する

病院内保育は、病院の建物や敷地の中に保育施設を設け、そこに働く医師や看護師、事務職員などの子供を預かることをいいます。子育てをしながら働く女性に配慮することで、優秀な人材の確保につながる施策となります。